重箱の隅をつつくInDesignの使い方02「リンク更新で画像サイズが変更されないようにする」

2016032401

こんにちは。イシカワです。

完全自動組版も夢ですが、「組んだものには全部目を通して微調整したい」けど「少しでも作業時間を短縮したい」組版屋さんにとって、使いやすいようにカスタマイズするのはデフォルトではないかと思います。

「ちりも積もれば山となる」かもしれません。
自分の作業が5〜10秒くらい短縮できたInDesignの使い方を紹介します。

◆リンク更新で画像サイズが変更されないようにする

メニュー「InDesign」→「環境設定」→「ファイル管理」→「再リンク時に画像サイズを保持」のチェックをはずします(デフォルトはチェックが入っています)。

1603_w-1

1603_w-2

デフォルト設定の場合、リンク更新で更新前の横幅を更新後に適用するという謎の仕様になっています。例えば、10mm幅の四角を100%で配置しているところを20mm幅の四角に変更して更新すると、自動的に20mm幅を10mm幅に変更して更新してくれちゃいます。要するに勝手にサイズを50%に変更してしまうんです(ちなみに横幅のみで、縦幅を変更してもリンクサイズは変わりません)。

四角ならばまだいいですが、100%で貼り込んだグラフの文字が増えて横幅が伸びた時、勝手に95%とかにされると困ってしまいます。ましてや数が多いならばなおさらです。個人的には「サイズの調整は作業者が行うものだし、自動でされてもイシカワ困っちゃうー」、と思うわけです。

読み込みオプションの「アート」だとわかりやすいので、デフォルトの状態で試しに貼り込んでみましょう。
(読み込みオプションについてはhttps://helpx.adobe.com/jp/indesign/using/placing-graphics.htmlを参照ください)

赤枠は最初にInDesignに貼り込んだときのボックスサイズです。
InDesignに金魚を100%で貼り込みました。

1603_w-3

金魚を1匹増やして更新しました。
InDesignボックスサイズの横幅にあわせて92.6%になってしまいました。

1603_w-4

設定を変更してから更新します。
貼り込みのサイズは100%のまま変更されません。

1603_w-5
サイズ確認の時間よりボックス調整の方が時間かからないので、プラマイしても5秒くらい短縮できてます。

新規ファイルを立ち上げる前に環境設定を変更すると、デフォルト設定が変更され、上記設定を毎回しなくてすむようになります。

デフォルトを変更する場合、自分の作業環境のみ(変更する、変更した)ということを忘れないでください。他の人の設定を変えたり、他の人の環境は違うということを忘れるとトラブルの元です。

【お問い合わせはこちらから】

banner03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です