目指せ!! 作業の効率化01「Illustratorのスクリプト」

2016040801

ここ最近、毎日、鼻と目玉を取り出して洗浄したくてたまらないナカシマです。

今回、私がIllustratorに入れているスクリプトを紹介したいと思います。

ものぐさな私なので、全く使わないものから頻繁に使うものまで入れたままとなっております。

CS4で使用していたものをそのままCS6に入れて使ってます。

(確信のあることではありませんので使用する際は自己責任でお願いいたします。) 最近のものはチェックできていませんがこちらでたくさんダウンロードできます。

222

本当に便利なスクリプト

描いた図の大きさを変形させて調整する時、プロットの大きさまで変形が かかってしまうので少し手間がかかります。

そんな時は「選択アンカーの位置に複製」のスクリプトを使ってみてください。

例えば(写真1-1)を縦に縮めたい時ぎゅっとしてしまうと(写真1-2)になってしまいます。 通常ならばプロット1つ1つをコピーするか、計算して変形拡大をして正円に戻すと思われますが ラインとプロットを選択した状態で(写真1-3)「選択アンカーの位置に複製」を選択すると ラインのアンカーにプロットが複製されます。

※プロットが前面にいることとプロットがグループ化されたプロットじゃないことが前提です。

333

まぁまぁ使うスクリプト

「全角/半角」シリーズの(括弧)(数字)(英語) これも図を書く際、とても助かります。

文字通り選択したテキストの全角と半角を置き換えてくれます。

ただ処理には私の体感ですが(せっかちすぎ)少し時間がかかる場合があるので我慢強く待っております。

たま〜に使うスクリプト

テキストをコピーペーストしたテキストをバラしたい時 切りたい位置に改行を入れる必要がありますが「テキストばらし」 改行を入れた位置でブツブツとばらしてくれます。

まだまだたくさんのスクリプトがあります。

それぞれの業種や媒体により使い勝手の良いものは異なると思います。

ほんの少しの手間かもしれませんがそれが省けることで楽になることもありますよね。

省ける作業はカットして効率のいい方法で作業したいものです。

【お問い合わせはこちらから】

banner03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です