デザイン制作会社が気をつけたいデータ入稿時のトラブル例 その1

2016062301

こんにちは。イシカワです。

制作にトラブルやエラーはつきものですが、以前データ入稿時にこんなトラブルがありました。

◆Illustratorデータをoutline化したら、テキストボックスに色がついてしまった。

テキストボックスに入っている文字をoutline化したところ…

1606-1

なぜかテキストボックスに色がついてしまいました。

1606-2

アピアランスを消去したら現象がなくなったのでいろいろいじってみたところ、原因判明。

(1)テキストボックスに文字を入れます。

1606-3
(2)アピアランスで文字に線をつけます。

1606-41606-4-2

1606-1

(3)テキストボックスにダイレクト選択ツールでシアン10ptの線をつけました。1606-55 1606-4-3

1606-661606-77

指定をしたのに何故か線がつきません。(1)のままです。

1606-88
原因はここでした。線の指定をしたにもかかわらず、線がついていないため、アピアランスとして残ってしまい、outlineにした時に文字のアピアランスと線のアピアランスが入り交じった状態になってしまったようです。個人的にはテキストボックスに線がつかない時点でIllustratorのバグかなと思います。

滅多にないトラブルですが、たまにこういうことがあるのでoutline化したものを確認するまで気が抜けません。自分で作ったデータならば管理できますが、複数で作業をする場合は気をつけなければなりませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です